さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  札幌市豊平区

新規登録ログインヘルプ


アクセスカウンタ
プロフィール
keel
keel
札幌市豊平区の端っこ(現在・東京都新宿区)でアプリ企画とかやってるおっさん
オーナーへメッセージ
インフォメーション


2005年04月01日

”週刊ジャンプ打ち切りクイズ”

100問にわたるジャンプの打ち切りに関するクイズがこの日の日記から毎日繰り広げられております。

http://norththekeel.sapolog.com/e219626.html#more

それでは全問正解目指して頑張ってください。
景品はありません。

あなたにおススメの記事


この記事へのコメント
お久しぶりです。
ヤタガラス(同人各ゲー)はされましたか?
kofxiでは、影二をよく見ると、顔(特に目)もカルナによく似ています。髪の色以外は、影二と清々しい位似ています。身長は、カルナのほうが高いですが。
カルナは、ライバルのアルジュナとの関係も、影二と不破刃の関係にそっくりで、びっくりしました。
カルナは、インドの叙事詩マハーバーラタに登場する聖霊のような英雄ですが、
マハーバーラタの翻訳版を読まれるのをおすすめします。
Posted by チュンリー at 2018年06月06日 23:01
あ、お久しぶりです
ヤタガラスはアーケードでツネツグでクリアしたっきりですね…
実況顔がどうしてもきつくて

xiの影二は見てみたら目つきがほかシリーズとは違いますね
不破刃も影二も持ちキャラなので、マハーバーラタに多少興味が出てきました

他に見るもの多くてなかなか確認できませんが…
Posted by keelkeel at 2018年06月07日 22:19
ヤタガラスは私はクローでクリアしました。
エンディングが、サムスピ等と違ってちゃんとしたエンディングじゃなかったのですが・・・。
常次は、アイヌという設定が意外でした。

xiの影二は、fateのカルナと顔が似ています。目とか。
マハーバーラタは、2017年秋、歌舞伎にもなりました。カルナは、主役という設定でした。
マハーバーラタは、書店などにも、翻訳版が出ていますし、amazonでは、お安く販売されています。
ぜひ、読まれるのをおすすめします。登場人物が可愛くて、奥が深いです。
中盤近くでカルナの相棒になった、ドゥルヨーダナというキャラも、凄く深い設定で面白いです。曲者だけど、真っ直ぐな所もあり、一部ギースと通じる部分とかもあるので・・・。
カルナとの友情が凄く切ないです。
Posted by ちゅんりー  at 2018年06月07日 23:34
マハーバーラタの翻訳版は、山際素男さんと奈良毅さんの物をお勧めです。文章がしっかりしてるのでス。
上村勝彦さんの翻訳版は、カルナが一癖も二癖もある、どちらかというとサムスピの水邪みたいな性格という設定に描かれています。
Posted by チュンリー at 2018年06月10日 17:01
なるほど、覚えておきます。

水邪ですか、天草降臨で蒼月を使っていた流れでプレイしてましたが、水邪の方に近い印象ですか。
Posted by keelkeel at 2018年06月10日 22:14
マハーバーラタは、翻訳者によって、キャラクターの性格が微妙に違います。

例えば、上村勝彦さんの翻訳した、マハーバーラタは、カルナが、水邪から怖い感じを抜いた様な性格として描かれています。

カルナはタイプムーンのfate シリーズや、ジョシュア様の『太陽の墜ちた日』というサイト等では、影二に近い性格という設定です。女子供には手を出さない主義とか竜虎2の影二っぽいです。



上村さんの翻訳版とfate apocryfaの小説版等を両方読まれるのが一番お勧めです。

fateのカルナは、ジナコという女性への台詞が、kofxiの影二っぽいです。影二より率直ですが・・・。
Posted by チュンリー at 2018年06月11日 00:37
解釈の点でいえば、原典に当たるのが一番でしょうが、さすがに読めないでしょうね…(英語や中国語でもかなり厳しいので)

ところで、上村さんの翻訳版は途中までなのですね
Posted by keelkeel at 2018年06月12日 23:42
原典は、日本語ではな井ので、かなり困難だと思います。英語や中国語での翻訳は、あるのかどうか。
上村さん翻訳は、亡くなられたので途中までです。ですが、この翻訳に登場するのは水邪と通じる面のある台詞が面白いカルナです。

山際さんの翻訳は、本屋に伺わなくても、kindleなどでも、読めます。文章は、読みやすく、お勧めです。

ジョシュアさんの「太陽の墜ちた日」というサイトにあるマハーバーラタの小説は、カルナが一部、緋雨閑丸と通じる面をちらつかせることもあるので、ネットで読まれるおのを、お勧めです。閑丸のような己を語らない部分を感じさせます。

又、fateapocryphaの小説は、カルナが一番影二っぽく描かれていて、設定が細かく面白いです。アルジュナというライバルも不破刃的なポジションです。

原典をご覧になるよりも、書き手によって、キャラクターの性格が変わる翻訳をそれぞれ楽しむノガ一番お勧めです。
Posted by チュンリー at 2018年06月13日 00:44
又マハーバーラタは、ドゥルヨーダナというキャラクターも、アンクや餓狼伝説のギースやビリーとも似た面があり、多面性が魅力的です。
歌舞伎の「マハーバーラタ戦記」というサイトを見られるのも、お勧めします。ドゥルヨーダナは、歌舞伎版ではなぜか魔女という設定で、龍虎外伝のシンクレアっぽい感じです。
一方、歌舞伎版のカルナの方は、「アナと雪の女王」のエルサみたいな性格という設定ですが・・・。

現地のインドでは、ドラマ版もありユーチューブでも閲覧できます。
Posted by チュンリー at 2018年06月13日 22:25
それはなかなか魅力的ですね
サイトちらっと見ると、シヴァとかクリシュナとか出てきて、これならなんとかわかりそうかな…って思います
Posted by keelkeel at 2018年06月18日 00:08
クリシュナはサムスピの徳川慶寅に近いです。飄々とした面が似ています。

ドゥルヨーダナは、幻十郎や餓狼のビリーやギースみたいな感じです。けれど、カルナには一途な慈悲深さを見せます。
Posted by チュンリー at 2018年06月18日 15:46
ビリーとギースですか…
彼らは主従関係の点では違うのですが、どっちよりでしょうか?
見て判断した方が早いかもですが
Posted by keelkeel at 2018年06月22日 23:40
ドゥルヨーダナは山際さんの翻訳版では、ギース寄りです。
上村さんの翻訳、fateシリーズでは、どちらかというとビリー的な一面がある性格です。カルナへの台詞が、ビリーの妹リリーへの発言に似ています。
Posted by チュンリー at 2018年06月23日 09:25
翻訳によって違うんですね、確かに原典の解釈による差異というのは大きそうです。
Posted by keelkeel at 2018年06月25日 00:38
又、マハーバーラタは、ピーター・ブルックさんによって昔、舞台化されました。こちらでは、カルナは性格が水邪そのものです。
カルナは、翻訳家によってキャラクターの解釈が違うとは言え、あらゆる翻訳家の翻訳を通して、サムスピ零の水邪以上に、ラストは悲壮感有ります。水邪より、悲しい運命です・・・。封印されるのではなく、宿敵に敗れ戦死するので。
Posted by チュンリー at 2018年06月25日 06:29
又、カルナはすべての翻訳において、水邪や緋雨閑丸や影二よりも、徳が高く誠実で高潔です。さすが、神の血を引く子って感じです。その点、SNKのキャラクターと比べて親しみ易さに欠ける気も、しなくもないですが。
Posted by チュンリー at 2018年06月25日 07:35
なるほど、そうなるのですね。
考え方も、人そのものから少し離れた感じなんでしょうか。
Posted by keelkeel at 2018年06月28日 00:52
こんばんは。
カルナは、高潔すぎて、びっくりする様な
さすが神の子です。常人とは、どこか異なる聖人的な子です。SNKの格ゲーのキャラだったら、是非使いたいです。
Fateのカルナは、天草降臨で言うと、緋雨閑丸が、どちらかというと性格が近いです。ライバルのアルジュナは、サムスピの中では、命に近いです。二人とも、淑やかで徳が高い、いい子です。

上村さんの翻訳のカルナは、水邪っぽいダークヒーロー感がありますが、憎めないいい子です。

翻訳家によって、性格に差異があるのは、面白いです。
どちらのカルナも可愛いです。
Posted by チュンリー at 2018年06月30日 21:40
水邪っぽい方が気になりますね~
まず読むとしたら原典訳マハーバーラタになる気がします
Posted by keelkeel at 2018年07月22日 11:44
上村さん訳のカルナは読んで凄く面白いです。
Fateのカルナは、サムスピの半蔵や龍虎2の影二と通じる要素が多く、いい子です。
Posted by チュンリー at 2018年07月22日 19:41
こんにちは。映画のバーフバリは、ご存じですか?
Posted by チュンリー at 2018年07月25日 16:50
カルナ楽しみですね

バーフバリは今とても見たい映画ですが、映画を見る時間がなかなか取れないです
職業柄ゲームばかりやってしまうもので

バーフバリはシリーズが長いのでしょうか?
Posted by keelkeel at 2018年07月26日 00:47
バーフバリは1巻のみがTSUTAYAでレンタルできるそうです。

マハーバーラタは図書館などで借りるのをお勧めします。
Posted by チュンリー at 2018年07月26日 13:43
ちょっと動画配信サービスのサイト探してみます
ついでにオーズとかあればいいんですが
Posted by keelkeel at 2018年07月30日 20:03
バーフバリは、主人公とバラーラデーヴァというキャラとの関係が、これ又、影二と不破刃との関係に似ています。
Posted by チュンリー at 2018年07月30日 21:44
バーフバリ、一作目をようやく観ました(ビデオパスで1~2がレンタル配信されてました)
バラーラデーヴァはまだ、力は先代バーフバリと張れるキャラくらいとしか見えませんが、映画自体は面白いですね。
Posted by keelkeel at 2018年08月04日 15:07
バラーラデーヴァは、個性的でなかなか魅力的です。主人公も魅力的ですが・・・。

マハーバーラタのドラマはユーチューブでも配信していますので、お勧めです。
フェイトのカルナについては、EXTELLAの動画とアポクリファのアニメを見られるのをおすすめします。snkのキャラにはまず類をみないような高潔さです。度胆を抜かれます。親しみやすさ、可愛さがかけるのが玉にきずですが・・・。見た目は、サムライスピリッツ武士道烈伝の牛若姫によく似ています。
牛若姫みたいな性格だと思って見たら、彼女よりずっと気高く気品がありました。
Posted by チュンリー at 2018年08月08日 17:19
バラーラデーヴァはアニメの失われた伝説の1話を見たのですが、なかなかの曲者ですね
まだまだ本音がわかりませんでした。映画二作も見てみようと思います
Posted by keelkeel at 2018年08月11日 23:54
バラーラデーヴァは、灰汁が強く、かなり個性的です。本質が明らかになった時が面白いです。
最期は切ないです。

カルナは、犬夜叉の殺生丸と一分通じる面があります。殺生丸よりも、気高いですが。
蔵馬(や獣王院と違って、神に近い行動原理なので、人間らしさがなく、聖人的で、ついていけない部分もあります。彼は生い立ちが、SNKやNAMCOの作品のキャラでは、まずないような凄惨な物です。
Posted by チュンリー at 2018年08月12日 12:55
バラーラディーヴァは心根の点で人間らしさがかいま見える感じはありますね。まだまだわかりませんが…今のところは獣王院に少し近いのかも、と想像してます

神側というと、印象だけで言えば人間よりはアンクや天羽零彗に近い気もしますが全く別ですか
Posted by keelkeel at 2018年08月13日 00:31
バラーラデーヴァは、ドロンジョや獣王院とも通じる部分があります。
憎めない部分やふとした時の弱さを垣間見せる部分とか。

カルナは、天羽やアンクより性格的には、サムスピの半蔵や、如月影二に近いです。服のカラーリングは、小悪魔みたいな感じですが・・。パット見は、幽遊白書の鴉みたいなタイプに見えますが、犬夜叉の殺生丸に近い性格です。
Posted by チュンリー at 2018年08月13日 11:41
犬夜叉は、見られたことはありますか?
Posted by チュンリー at 2018年08月13日 17:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
”週刊ジャンプ打ち切りクイズ”
    コメント(32)