さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  札幌市豊平区

新規登録ログインヘルプ


アクセスカウンタ
プロフィール
keel
keel
札幌市豊平区の端っこ(現在・東京都新宿区)でアプリ企画とかやってるおっさん
オーナーへメッセージ
インフォメーション


2009年06月03日

『タイムウォーカー零』

俺は時間移動モノの話が好きではない。
でもコレはなぜか俺は受け入れられた。6位は『タイムウォーカー零』。

この企画をやろうかと思って、いつになるかわからんけどそのために残しておいた最右翼がコレ。
条件付ではあるが、自分が好きな打ち切りで一番ヒトに薦められると思うのがコレである。
読み切りの時から好きだったんだよ、このマンガは。

あ、そうそう。
ここでお話しするのは基本的に九条さんが出てくる前までな。
なんで? そりゃ、ジャンプ名物 場撮訥柔(ばとるとつにゅう)が始まるからな。

場取訥柔(ばとるとつにゅう)

主に週刊ジャンプより古くから伝わる戦い方の一つで、勢いが落ちた連載漫画に対して活を入れるべく、立ち位置を得たキャラたちに戦いの場を赴くという選択を取らせ、柔和なキャラや朴訥なキャラすらも戦闘という読者も誰もが血沸き肉踊る状況へ送るという、諸刃の剣ともいえる戦法である。
ちなみにわが国では、勢いよく戦いに進み行くことを「バトルに突入」と言うが、もちろん場取訥柔の読みから来ている単語である。 (太公望書林刊『連載漫画の歴史・大全』より)


何が厳しいって、15段変則テレポートなどなど、サイキックフォースに登場したら余裕で世界を手にすることができる超絶な能力を持った主人公が苦戦するためには、色々面倒な準備が必要だ。
そのための無茶もあり、それまでの話がナンだったのか悩むこともあり、俺的にバトルはなかったことまで言わないが、第二部とか外伝のような扱いしかできないのだ。


野球少年の話とかは当時かなり印象に残ったのだが、今見ると微妙にどうでも良いのはなぜだろうか。
スパローズくらいしか反応するところがない…ってほどでもないが、露骨な悪人が登場する話は、当時はともかく今は少々評価が落ちる。
でも元野球選手のおっさんはいいキャラしてたと思う。

今でも印象に残るのは、やっぱり戦時中の象の話だろうか。
「かわいそうな象」の流れを汲む話なのだが、あの象のかわいそうさというのは単に人間の都合で…というものではなく、確かに人間の都合が大きいのだけれども、つれてきた人間の都合では決してなく、しかもつれられた時は望まれてきていてさらに処分の段階においても惜しむ層はきちんと存在していて、それでも状況的に生かすのは(批難の矛先にしないためにも)象のために考えざるを得ないところにあると思う。競馬の予後不良問題に近いかもしれない。
この話でも、典型的な動物処分へ積極的な人間もいるが、立場で仕方なく、と言っては語弊があるかもしれないが、理知的に判断をして処分側に回っていた人間が描かれていたのは幸いだったと思う。

こんな感じで、意外といい脇役が多く登場していたのがこの作品のポイントだと思う。
金はもらえなかったけど像のモデルにしてもらったためにそれで満足する主人公も、そういった脇キャラに対して懐の広いキャラだったことも幸いしたのではないか(基本的には俗っぽいが)。
まあ、体が頑丈すぎたり、設定以上に無茶をするなど、微妙な点も多々見受けられたが。

2巻までと読みきりなら(九条の話はバトルの話を見ないとわからないからアレだが)、十二分にオススメできるマンガである。

なお、俺が何で時間移動モノが嫌いなのか、この作品は受け入れたのかは、今のところまだわからない。

今日はこれで終わり。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(漫画/レビュー)の記事
 『サバイビー』 (2009-06-18 00:25)
 『バオー来訪者』 (2009-06-16 09:58)
 『飛ぶ教室』 (2009-06-11 02:24)
 『惑星をつぐ者』 (2009-06-09 03:26)
 『ユート』 (2009-06-06 02:20)
 『ソワカ』 (2009-06-01 03:16)

この記事へのコメント
北九州市漫画ミュージアムに「タイムウォーカー零」の漫画単行本1~2巻を寄贈しました。すごいだろう?。
Posted by 山田与作 at 2018年10月21日 10:51
素晴らしい!
特に1~2巻は面白いですし。
Posted by keelkeel at 2018年10月22日 23:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『タイムウォーカー零』
    コメント(2)