さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  札幌市豊平区

新規登録ログインヘルプ


アクセスカウンタ
プロフィール
keel
keel
札幌市豊平区の端っこ(現在・東京都新宿区)でアプリ企画とかやってるおっさん
オーナーへメッセージ
インフォメーション


2017年11月17日

おうぎきり(扇切)

此の遊びは、遊戯というより一種の武芸と言ったほうが良い。勿論武人の間にのみ行われたものであって、その方法は明瞭でないが、一説によると、まず扇を刀の柄の上に立てて、その扇が地上なり、床上なりに落ちない内に、早く刀を抜いて扇を切るものだと言われている。作者・年代共に明らかでないが、武田一家のことを記述した『甲陽軍鑑』十六に、「武田信勝十一歳の時、小姓友野一郎と日向傅次と扇切いたせと御意の時、又一郎は腰にさしたる扇をぬく。傅次は手に持ちたる扇を腰にして指をたてて、向かう時、信勝はや見えたるぞ、おけ、扇切に傅次は勝たりと心の逸物なるをほめ給う。」とあり、これについて喜多村信節は、『嬉遊笑覧』に、「いあい抜が扇を空に投て地に落さず抜打にきる事をする、是もそのたぐいとみゆれど指立てて向かうとなれば、扇を投付などするを指にて撃ち落とすわざにや」といっている。第百九代明正天皇の寛永十年(二二九三)刊行の「誹諧発句集」に、「骨折て勝まけはなに扇切―宗富。」という一句がある。その方法は別として、天正以前から武人の間に行われていたものと考えてもよかろう。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日本の遊戯)の記事
 いぬおふもの(犬追物) (2017-12-06 00:30)
 いてふうち(銀杏打ち) (2017-12-04 22:55)
 いたおとし(板落し) (2017-12-03 23:22)
 いしひろい(石拾い) (2017-12-02 23:59)
 いしはじき(石彈) (2017-12-01 23:53)
 いしなご(石投子) (2017-11-30 23:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
おうぎきり(扇切)
    コメント(0)