さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  札幌市豊平区

新規登録ログインヘルプ


アクセスカウンタ
プロフィール
keel
keel
札幌市豊平区の端っこ(現在・東京都新宿区)でアプリ企画とかやってるおっさん
オーナーへメッセージ
インフォメーション


2017年11月22日

あめんぼうつり(水馬釣)

水馬は、春から夏にかけて池や水たまりなどによくいる蟲であって、「ミズスマシ」ともいわれているが、飴のような臭いがあるので、「飴ン棒」という説もある。第百十四代中御門天皇の正徳三年(二三七三)寺島良安の著、『和漢三才圖會』に、「鰹蟲(かつをむし)、鹽賣(しほうり)」とあり、「本綱、水馬羣游水上、水涸皍飛。長寸許、四脚非海馬之水馬也。有毒殺鶏犬。」と記し、「按水馬處々池川皆有、頭尾尖、両髭曲、高脚長身、其色赤黒而以鰹脯、故曰鰹蟲、小皃以蠅釣之也。」とある。支那にも同様の遊びがあるとみえて、『五雜俎』という書物に、「水馬逆流水而躍水、日奔流而歩不移尺寸、皃童捕之、輙四散奔迸。惟嗜蠅、以髪繁蠅餌之、則擒抱不脱。釣至案几而不知。」といっている。蠅が頗る好物らしく、机上に載せられても、知らないというほどであるから、その徹底ぶりには感服させられる。現在でも子供達は、馬の尾毛などに蠅を結び附けて、この蟲を釣っているのをよくみる。けれども、ただ釣って遊ぶというだけで、何の意味もない。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日本の遊戯)の記事
 いぬおふもの(犬追物) (2017-12-06 00:30)
 いてふうち(銀杏打ち) (2017-12-04 22:55)
 いたおとし(板落し) (2017-12-03 23:22)
 いしひろい(石拾い) (2017-12-02 23:59)
 いしはじき(石彈) (2017-12-01 23:53)
 いしなご(石投子) (2017-11-30 23:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
あめんぼうつり(水馬釣)
    コメント(0)