さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  札幌市豊平区

新規登録ログインヘルプ


アクセスカウンタ
プロフィール
keel
keel
札幌市豊平区の端っこ(現在・東京都新宿区)でアプリ企画とかやってるおっさん
オーナーへメッセージ
インフォメーション


2017年11月20日

新潟二日目



まあ今日帰ったんだが。

行き先は、以下の通り。
白山神社→駅→阿賀野川→駅→新津美術館→新津駅→高岡駅
白山(はくさん)神社の目的は、神社にお参り…ではなく、蒸気パン・ポッポ焼の屋台がよく来るという話を見てだ。


結論から言うと、買えた。
どうも何らかのお参り? (三五七とか書いてあった)もあって、人出があるということだろうか。
そもそも、頻繁に人が来やすいからなだけだろうか。
しかし、白山駅にはほぼ人がおらずそんな雰囲気もなかったんだが、それもそのはず白山神社までバスで数駅ある距離だし、そもそも駅からバス出てるし…
白山神社は新潟市役所の近くで、市役所のバス停すぐのとこだった。
まさかそこまですぐだと思ってなかったので、公園の方に歩いていってしまった。
あと、どうやら車で来るパターンが多いらしく、よく考えたら地方は(札幌も)車社会であったことを失念していた。
ぽっぽ焼きと書かれた屋台では、なんか9本300円とか30本1000円とか大きい数字が並んでいて面食らったが、一本はさほど大きくはないので9本で十分だった。
味は特にあたたかいうちはもちもちしてほのかに甘くなかなかいけるのだが、最小ロットが9本なので人によっては多すぎると感じてしまうかもしれない。反面、これだけで朝食は満足してしまってこれでいいのか感があった。
そのままバスで帰ろうとしたが、お茶が欲しくなったのでコンビニに入る。
これがなかなか見たことのないセーブオンとかいうコンビニで、とは言え(本拠が群馬らしいので)東京で見るコンビニとはさほど大きな変化が見られず、おにぎりは新潟の工場で作ってるっぽいのでそれを買って食った。
なんというか、新潟で食う米もの、はっきり差があるとまで言わないが、食べ進めていると確かに新潟で食う米のもののほうがうまく感じる。
まあよく分からんけど。

そんで、白山神社の方は運良く一時間足らずで回れたので、調子に乗ってバスで阿賀野川行こうかと思ったが、これどこから乗ればいいかよく分かんねえな…
色々悩んだ挙句、選択を間違えまくって一時間くらい無駄にした。その分、新潟駅周りをぐるっと一周したが、この真ん中を抜けられないイラつく感じ、どこかで覚えがあるような…
ルートとか地図見たら、とりあえず下山(したやま)行けばいいのかと思ったら正解だったわけで、わざわざ(最初、一番近いと思ってた)津島屋を狙う必要もなかった。
まあ、津島屋は別の意味で行こうとは思っていたが、ぶっちゃけくっそ天気悪いので、とっとと橋の上から阿賀野川見て帰ることにした。
それにしたって、ざんざか雨が…いやこれヒョウですやんか!
寒いと思ったというか、そもそも新潟なら東京より札幌の方が感覚近いもんな…雪も降るか。
ちなみに新潟にはニトリあったり、松前漬けが割りと普通にあったり、どっかこっかで札幌を思い起こされるのだが、それもそのはずフェリーで北海道行けるんだった。
というわけでこんな事もあろうかと、ヒョウにはシマナメシマウマポンチョで対抗した。なんとかなった。

下山から見える阿賀野川は海から近いので物凄くでかく、内地にはこのような大きな川が多いことに感動している(東京来るまでは釧路川で感動してたくらいだし(とは言え冬の釧路川は凍って真っ白でまた別なのだが))。
バスの時間も確認していたので、とっとと帰った。

今度は新津(にいつ)の美術館行こうと電車に上手く乗る。
ここで新潟駅とお別れの可能性があったので、買おうとしてた土産もちょいちょい買う。
新潟はなんか米もの(酒、餅、おかき)や海産物がメインかと思いきや、唐辛子が結構強かったり、案外知られてない甘いものも多く、侮れない。
んで、いろんなお菓子買ったり、あと特別なかんずり買ったり。
そう言えばコンビニにもちょくちょく変わったお土産品もあったので買ったり。

新津美術館は古津(ふるつ)に近いみたいなので古津で降りてみたら無人駅で、あこれまずいやつだと思ったら本当にまずかった。


当然バスはないし(いちおうあるにはあるんだが、時間的にほぼない)、タクシー呼んでもなかなかこねえ…
ちなみに新津のタクシーはクレジットカード使えないらしいのでご注意(秋葉(あきは)区全体がどうかは知らん)。
美術館は、色々あってちょっと行ってみたかったので行ってみたが、これが空振り。
有料ゾーンも見てみたが、うーんなんとも…最後の煙の街とかいう絵は良かったが、なんというか絵画ばっかりだったので。
このあたりは意外と歴史が…と思ってがっかりしながら(一時間に一本あるかないかの)バスをどう待つかその辺の建物に入ってみるかと思ったが、なんかこっそり古墳行きの看板が…
なんで古墳がそんな申し訳なさそうな感じの誘導なのか不明だが、せっかくなので行ってみた。
結論としては竪穴式住居で満足して、古墳はちゃんと調べずに帰ってしまった。


ともかく、新潟に残る歴史については確認できたような気がするので満足してしまったというか、こんな(またシマシマ状態になるくらい)天気の悪い日にこれ以上見てもしゃーないし、そもそも次のバスのがしたらその次は2時間くらい後になるっぽいので慌てて戻る(ちなみに電車も1時間1~2本+特急なので、次を逃すとやばい)。
バスは小さなコミュニティーバス(とは言えちゃんと乗客はいる)で、結構かかって新津駅に戻る羽目になったが、そもそも電車も一時間開いてるので、結果としては何ら変わらん。
新津駅は、結構路線があるわりには、周囲は閑散としていて、近くのデイリーヤマザキが奮闘してる感じだった。珍しくイートインあるし。

お次は東三条燕三条方面に行こうと思ったが、当初の予定として東三条→イオン三条→燕三条を想定してたものの、新津方面で時間食いすぎたのでなんかやな予感しかしなかったし、天気悪いから外にあまり出ないようにしようと、三条をスルーしてそのまま高岡に行くことにした。
新幹線代が無駄(予約だったので)にはなるが、燕三条で予約のときに乗れなかったらもっと無駄になるので仕方ない。
それなら普通じゃなくて特急乗ればよかったのだが、普通のほうが長く乗れるから、寒かったのを回復するなら普通のほうが都合良かったからいいのだ(ちなみに新津で9分遅れの特急に乗ると、5分早く東三条に着く)。
結果として功を奏し、高岡で買い物や、目的のフレンドのイタリアンにありつけた。
フレンドのイタリアンは、基本はみかづきと同じ(焼きそば+ナポリタンソース)なのだが、ナポリタンというよりはミートソースの方に近いフレンズの印象だった。
高岡は、どうも新潟とは少し違った感じの食文化があるみたいで、まあそりゃ北海道でも札幌と帯広はけっこう違ったりするから、別におかしくは思わなかった。というかそもそも新潟が他となんか違う。桃太郎とか。


ほか、スーパーで東京とは少し違うものを確認しようとしたが、とりあえずおにぎりにたれかつがあるとか、醤油味の赤飯があるとか、ちょっとよくわからなかったのでとりあえず買ってみた。


たれカツは多分福井でいうソースカツなんだと思うが、なんで北陸甲信越だとこのカツなんだろ?(関係ないが、札幌の実家ではカツにはブルドッグソースかけてた)
瑞花では待望のチョコ柿の種(ここの柿の種が好き)があったのでちらっと買った。
加東屋もあったが、モノ増やすの嫌だったんで、あとで池袋行くかってなった。
他にも色んなとこで色々買った。
食った中では、特に新潟駅で買った丸屋本店の栗もなかが非常に良かった。
もちろん、自分で食べるかどうかは全然分からんので、これだけではないのだが。

新潟自体はまた行きたいと思う一方、ときがなあ…全然新幹線感ないのがなあ…正直な所、速い特急という印象。
次行くとしても、絶対定価では乗らないというか、なんで(えきねっとで)半額なのか実感した。
それと、入りについては観光で行くと観光感が全然ない(少なくとも金沢や大阪に比べると正直きっつい)ので、そういう場合は地元民を意識して動くことにしている。
なんとなく、JR東日本の都市の駅はそういう地元民視点重視の駅構造が多いので、その方が楽に動ける。
あと新潟市は駅と万代シテイバスセンターの二枚看板で、バス重視で動かざるをえないようであれば、万代シテイの近くを拠点にしたほうが良さそう。

弥彦線(燕三条でん? となったけど、今まで弥彦線なんて知らんかったので…)や飯山にも行きたいというか、内地電車面白すぎてずるいので、もうちょっと色々乗りたいところ。

でも先に東北や中国、四国、九州行きてえなあ。

新潟はこれで終わり。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(雑記)の記事画像
ここ数日の話
自宅飲みがーでん(アルコール抜き)など
ミニスーファミ買ってきた
多摩動物公園行ってきた
原宿行ってきた
円山動物園行ってきた
同じカテゴリー(雑記)の記事
 ここ数日の話 (2017-12-04 01:21)
 新潟行ってるんだが (2017-11-19 00:27)
 自宅飲みがーでん(アルコール抜き)など (2017-11-17 21:14)
 ミニスーファミ買ってきた (2017-11-03 22:52)
 多摩動物公園行ってきた (2017-10-29 01:25)
 選挙いってきた (2017-10-23 00:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
新潟二日目
    コメント(0)