さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  札幌市豊平区

新規登録ログインヘルプ


アクセスカウンタ
プロフィール
keel
keel
札幌市豊平区の端っこ(現在・東京都武蔵野市)でアプリ企画とかやってるおっさん
オーナーへメッセージ
インフォメーション


2016年10月11日

最近のアーケードの音ゲーの盛り上がり度合いリスト

アーケードでは、音ゲーが安定して人気という評価らしいんだが、まあそれなりに列ができることがあるくらい人気は人気なんだが、音ゲーだからというよりは、特定のゲームだけじゃないかなあと思った。

ので、ちょっと主観前提でリストにしてみた。

いちおう、設置台数と見たときのプレイヤー数を元にしているので、メーカー・運営が見ている数字とは違うものになるかもしれないが、飽くまで印象なので、その程度で参考になる可能性もある感じで。  続きを読む

Posted by keel at 23:25Comments(0)ゲーム/メモ

2016年04月24日

クロビの自己課題クリアしてしまった…

光年マスターフルコン、久々にチャレンジしたらあっさり。

ついでにキリキリジョーカーのアンリミもアルティメットゲージクリア…
と思ったらフルコンもしてしまった。
GLAYのやつといい、AnotherEssenceといい、アルティメットゲージ初クリアが初フルコンというのもなんだかなあ。

以下、その時のRPリストとクロスビーツREV.もちょっと、その上で音ゲーに関して考えてることもちょこっと。  続きを読む

Posted by keel at 01:19Comments(0)ゲーム/メモ

2016年04月17日

クロスビーツが今月末にバージョンアップするらしいが

どうなるんでしょうかね…?
俺は今のとこ(光年フルコンとキリキリアンリミUFCが終わり次第)隠居する予定なので分からんけど…

今入ってる情報だけで見ると、あんまり将来を期待できない感じだが、そのままってわけでもないだろうし、様子見ですな。
良くなってたら初心者講座やるかも。
悪くなってたらそのままフェードアウトっすな。

つーかMetallical Paradeのアンリミ、まーだ時間かかりそうですかね?

以下、オススメ曲と、譜面について愚痴ってるような感じのリスト。  続きを読む

Posted by keel at 01:37Comments(0)ゲーム/メモ

2015年08月22日

F2Pの最初の90日間のとりとめのないコメント

今関わってるゲーム(現在絶賛オープンβ中)的に、書いていい内容になるかどうかしらんけど、まあ一応。
さすがに削除が入るかもしれない。
ま、見る人が大していないブログだから、あまり気にする必要もないとは思うが…  続きを読む

Posted by keel at 23:11Comments(0)ゲーム/メモ

2015年08月03日

音ゲー初見オススメ難度

ガラガラビーツと言われてる割には、新宿だとちゃんと人がいるので、まあやりたい人だけはきちんとついてくれるはず。
チュウニズムと並べてるからお寒いだけなので、昔からあった音ゲーのような顔をしていれば、他の音ゲーみたいなもんに見えるし(西新宿のセガを見て思った。ていうかミクガラガラやんけ)。

というわけで、件のゲームをフォローするわけではないが、俺個人をサンプルとした各音ゲー推奨初見難度リストも作ってみた。

ちゃんとした資料だと思って真面目に読むとイラッと来ること請け合い(いつも通り)。  続きを読む

Posted by keel at 00:30Comments(0)ゲーム/メモ

2015年02月03日

『日本版カジノのすべて』

いわゆるカジノ推進本。

日本では数少ない(と言われる)カジノ論者による著書。

ゲーム関係者、当然アーケードゲーム、ソーシャルゲーム(や、ソーシャルゲームと呼ばれるガチャ系F2Pゲー)の人らはぜひ読んで欲しいし、それ以外でも特にマーケティング側、開発でもディレクター以上のポジの人は一度目を通しておいてもいいと思う。

出てからすぐ買ったんだけど、やっと読み終えたので。  続きを読む

Posted by keel at 20:36Comments(0)ゲーム/メモ感想

2012年08月05日

プログラミングをしないビデオゲーム制作について

顔本にもアップしたけど、こっちにも置いとくか。

ビデオゲームを作りたいけど何していいかわかんねえ、でもプログラミングはキツイ、という人向けに書く。
アナログゲームの製作とはまた別なのでご注意。飽くまで、Lv0の一般人を、Lv1のゲームデザイナにしてギルガメッシュの酒場へ登録できるようにするための文だ。

途中で終了してる(具体的な技術面の話はしてない)ので、よろしく。  続きを読む

Posted by keel at 13:39Comments(0)ゲーム/メモ

2012年07月01日

ゲームを制作する際の想像力と現実

(スマホなども含む)ビデオゲームを制作する際、これは想像できてて欲しい部分と、やってみなければわからない部分がある。
なぜなら、ビデオゲームはプログラムで構成されているからだ。  続きを読む

Posted by keel at 00:00Comments(0)ゲーム/メモ

2012年06月02日

ソーシャルゲームのあるべき自主規制とは

まず、俺の提案。
http://shimanishi.net/self_regulation_policy.pdf

※ガチャ、課金ガチャは、「『懸賞による景品類の提供に関する事項の制限』の運用基準について」の改正に関する意見募集の改正案(新旧対照表)で記載される、「偶然性を利用して提供するアイテム等の種類が決まる方法」の一つ。

  続きを読む

Posted by keel at 01:07Comments(0)ゲーム/メモ

2012年05月18日

ゲーム製作における守秘義務(秘密保持契約)

守秘義務の有り様と現状、どうすべきか、そもそもなぜ存在するのかを書いてみる。

俺は専門家じゃないから確実性のある話とは言えない(抜けが多い)が、ある程度の法や判例を確認しての文を書いてる。
最後に、自分がやった依頼の守秘義務についても書いた。
  続きを読む

Posted by keel at 19:53Comments(0)ゲーム/メモ

2012年05月14日

「本気でやってもらわないと困る」は甘え

桃鉄に関わって、ゲーム提供者として一番痛感したのはこれ。

順番が逆なんだよね、それ。

特にゲームにかかわらない気がするけど、基本的にゲームについての話。  続きを読む

Posted by keel at 05:01Comments(0)ゲーム/メモ

2012年05月06日

マルチシナリオの作成について

という資料を作成した。
とりあえず基本編みたいな感じで、飽くまで普通のシナリオは(質はともかく)書ける人にしか向いてないが。

http://shimanishi.net/game_multi_sc.pdf
ここにはテキストオンリーを載っけて、PDFで図解入りを別口で載せる。
後編は更に別口にて予定。  続きを読む

Posted by keel at 02:52Comments(0)ゲーム/メモ

2012年03月04日

QTEがなんで嫌われるか

ん~。
これ、QTEが嫌われてるんじゃなくて、QTEが開発側のエクスキューズに使われてることが嫌われてるんじゃないのかな。

でも、ユーザは別に、ダメなQTEを見たらQTEごと否定するのもいいと思うし、正直に言ってくれたほうがダメなものは淘汰されやすい。
これは開発側の認識が低すぎるのが問題だし、ダメだしされた時に自分の技量をよそにおいてQTEが悪いということにしている逃げの姿勢こそが問題とされている。
  続きを読む

Posted by keel at 15:54Comments(0)ゲーム/メモ

2012年02月29日

スマートフォンゲーのユーザインターフェース

とか書いてあるけど、いつも通りテキトーなんで話半分な。

題材は、スマホに関するUIについての、Aimingの人のスライドだ。
http://www.slideshare.net/onoremiz/ui-11779313  続きを読む

Posted by keel at 04:57Comments(0)ゲーム/メモ

2012年01月02日

パクリが否定的に取られるわけ

そもそも、何を持ってパクリといえばいいのだろう?
まあ、主観的に見ると、これとこれ同じじゃん。前のが先に出てたからあとのがパクリだ。
という感じなシーンが思い浮かぶ。

それはそれでいい。しかし、なんでそこで妙な不快感が生まれるのだろうか。  続きを読む

Posted by keel at 00:01Comments(0)ゲーム/メモ

2012年01月02日

ゲームに関わる言語の意味とかそういう話な気がする

題材はこれ。
http://hw001.wh.qit.ne.jp/tzk00/20111202_Web.pdf

ノウハウか…プログラマやデザイナにはそういうのあるっぽいけど、プランナやゲームデザイナにはそういうのあるのかな?
まあ、その辺に落ちてるものがノウハウになってるわけない、っていうことにしておこう。
ツイッターとやらで見るかぎりは、何人かはそれなりの話を発信しているし。そもそもこれは、ツイッターで誰かがあげてた資料から書いた話だし。

なんの知識が必要とか、準備段階のところでもうキツイ。

で、今回は準備段階として考え方の言語の明示と意味合いについて記載した意図に賛同しただけというか。
なので、わりと否定とかもしてる。


本文というか俺の文は、基本的にコスティキャンのゲーム論をベースに独自展開していて、狭義のゲームについてもその辺りをベースにしているのでご注意。
それと、例として幾つかゲームタイトルをあげている。おっさんがあげるゲームなので古くてわからないかも知れないのもご注意。
あと”我々”(と言った場合は俺と弟を指す)独自の言語がいくつかあるので、わからんかったら飛ばしてください。
  続きを読む

Posted by keel at 00:00Comments(0)ゲーム/メモ

2011年11月30日

ゲームの構成要素

自作ゲームを製作した時のことを踏まえて、ゲームを構成する要素について記載。  続きを読む

Posted by keel at 03:44Comments(0)ゲーム/メモ

2011年10月09日

『ゲームデザイン脳 桝田省治の発想とワザ』

読んだ。
サンキューブラザー。
感想なので超ネタバレ。  続きを読む

Posted by keel at 05:39Comments(0)ゲーム/メモ

2011年09月22日

あれから一年たちました

9月18日と言えばわかるはず。

しらん人は見ても面白く無いかもしれない。
知ってるから面白いってわけではないとも思うけど。
くっそ長いし。  続きを読む

Posted by keel at 16:53Comments(0)ゲーム/メモ

2011年05月29日

ARGとモバイルソーシャルゲームとネットゲームと(略

ARGとモバイルソーシャルゲームとネットゲームとパッケージゲームとアーケードゲーム

タイトル長すぎるって怒られたの初めてだ。

さて、どのくらい違うかを区別できているだろうか?
俺の区分は…これだ!

※本文もやたら長いです
※2012年2月14日追記  続きを読む

Posted by keel at 02:14Comments(0)ゲーム/メモ